絡まった毛糸

光脱毛や医療脱毛で産毛を脱毛した場合、起こりうるのが「硬毛化」という毛が脱毛以前よりも濃くなってしまう現象です。
「うなじ」「二の腕から肩にかけて」「背中」「お腹まわり」「おしり」「太もも」などの薄い毛、産毛が硬毛化しやすい場所となっています。

硬毛化の理由としては、脱毛のメカニズムに関係しています。

これまでの光脱毛や医療脱毛の場合、ターゲットとしているのがメラニン色素でした。光をメラニン色素に反応させることによって熱を生み出し、毛根にダメージを与えていたのです。その作用によって脱毛することができたのですが、この方法だと濃い毛には有効ですがメラニン色素の薄い産毛にはかえって刺激となり、活性化してしまうことで毛が濃くなる硬毛化が起こります。

一旦硬毛化してしまった毛はなかなか自然には戻らないです。なかにはしばらく脱毛をお休みする事でもとに戻る場合も少なからずあるようですが、あまり有効な手段とは言えません。

硬毛化した場合、そのまま脱毛を続ける事でムダ毛が減っていきますが濃い毛よりも回数や期間がかかってしまいとても大変です。

回数制で脱毛を契約してしまった場合、硬毛化が改善されないまま脱毛が終了してしまう可能性も十分にあり得るのです。

硬毛化を解消するために再契約をする事もあるでしょう。そうなってしまうと費用もかさみますね。

硬毛化を回避する手段は「SHR脱毛」です。SHR脱毛は硬毛化の危険性がありません。SHRは毛のメラニン色素をターゲットとしないのが理由です。

三人の女性のオッケーポーズ

SHRは毛包全体に蓄熱させて脱毛します。ですから毛の濃い、薄い関係なくムダ毛を全体的に脱毛する事ができるのです。

一旦でも毛は濃くしたくありませんよね。解消するためにサロンに通いなおす事もしたくありません。

脱毛を考えている方は、硬毛化の事実を知っておいた方が良いでしょう。

SHR脱毛を初めから選択しておく事で、そのような損をする事も避けることができます。